コラム

COLUMN

アーサーの調子が悪い

2022.08.01

院長コラム東京編

ここ2週間ほどアーサーに調子が悪い。

何が悪いかというと、まずうんちが軟便で、渋り腹傾向にある。

ちょぼちょぼうんちをするのである。水を大量に飲む。夜中などは、水を飲んでは、外に出て、おしっこをする。最後に散歩を嫌がる。

彼が、散歩を嫌がるなどとは、考えられないのである。最近猛暑で、昼夜構わず蒸し暑い。このせいもあろう。
しかし全体的にはおかしいのである。

そこで、金曜日に獣医に連れて行った。近くにできた平成八事動物病院というところで、春日井の分院である。

すでに2、3回かかったことがあり、いつもの先生に見てもらった。

アーサーの名前が呼ばれ、部屋に入ろうとすると、その場で座り込み、イヤイヤコールである。

お尻を押して無理やり押し込み、体重計に乗せる。この時もイヤイヤコールを示したが、割と大人しくしている
次に、体温計をお尻から突っ込まれる。どういうわけか大人しくしている。

ここで先生の問診が始まり、採血することとなる。

採血は後ろ足からで、この時も割とシラッとしている。

ここで診察室を出て、結果が出るまでしばらく待合室である。何匹かの犬が入ってくる。

その度にアーサーは興味を示し、そちらへ行こうとする。

私はリードを両足で踏んでおり、行動範囲を制御する。仕方なくアーサーは、床に座る。そうこうしているうちに、看護師さんが出てきてアーサーの名前を呼んだ。

今度は、血液検査の結果を先生が教えてくれるのである。CRPが非常に高く、炎症があることがわかり、とりあえずお腹の超音波をやってもらうことにした。

これがまた大変である。アーサーを高い台にのせ、うつ伏せにするのである。

当然アーサーは嫌がったが、私も手伝って、手足を動かせないようにすると、アーサーも観念したのである。

肝胆膵には異常なし、前立腺に嚢胞がいくつかある。腸管に目立った所見なし。ということで、結局抗生物質の投与となったのである。

抗生物質を飲ませるのも、一苦労であったが、アイスクリームに挟んでやると、ちゃんと食べることがわかった。

抗生物質をきっちり服用し、散歩の際に土を食べないように、注意すると、徐々に元気が戻ってきた。結局、腸炎がもっとも疑われた次第である。

過去のコラム一覧

2022.09.28

院長コラム東京編

クリニックの再生医療メニュー拡大する
2022.09.28

院長コラム東京編

先端医療推進機構20周年
2022.09.27

院長コラム東京編

ドローンの威力
2022.09.26

院長コラム東京編

金融ガラパゴス
2022.09.07

院長コラム東京編

レントゲン装置
2022.09.06

院長コラム東京編

こころの再生
2022.09.05

院長コラム東京編

心の呪縛

さらに過去のコラムを見る >