コラム

COLUMN

白樺の樹液

2022.08.14

院長コラム東京編

八神湖の別荘地の中には白樺の木がたくさん生えている。

別荘のベランダのすぐ前に、大きな太い白樺があり、ここへ来るたびに、この白樺に触れる。

年々少しずつ成長している感じがする。この白樺の木の向こうに、遠く山々が連なってみることができる。

春先の白樺は、キリで穴を開けると、樹液が流れ出て、この液が健康に良いそうである。実際保湿効果もあり、化粧品などに使われている。

ということで、別荘地のホテルレストランでは、春になると樹液を使った料理が出されるのである。

私は、5月の連休、まだ夜は、冷え込む時期であるが、八神湖別荘へ泊まった時には、ホテルのレストランで食事をする。

すると、決まって、樹液を使った料理やデザートが出てくるのである。
白樺は、まっすぐ空に伸び、上の方に枝葉をつける。

寿命は数十年と長くはないようであるが、その風情は凛として上品さを感じさせる、独特のものである。

過去のコラム一覧

2022.09.28

院長コラム東京編

クリニックの再生医療メニュー拡大する
2022.09.28

院長コラム東京編

先端医療推進機構20周年
2022.09.27

院長コラム東京編

ドローンの威力
2022.09.26

院長コラム東京編

金融ガラパゴス
2022.09.07

院長コラム東京編

レントゲン装置
2022.09.06

院長コラム東京編

こころの再生
2022.09.05

院長コラム東京編

心の呪縛

さらに過去のコラムを見る >