コラム

COLUMN

蓼科音楽祭

2022.08.15

院長コラム東京編

蓼科の八神湖周辺では、毎年夏、8/10-16に、蓼科音楽祭という小さな音楽祭が催される。八神湖周囲の野外音楽堂を使った音楽祭である。

たまたま12日夜にアーサーとお散歩に、音楽堂周辺に行った時、音楽堂が設営している現場に行き当たった。

調べてみると、音楽祭があり、その設営らしい。数人が忙しそうに働いていた。それで、たまたま音楽祭の存在を知ったわけである。

前々からこの季節におこなわれることはしっていたので、インターネットで調べてみた。

そうすると、チケットは、ホテルのフロントで発売していたのである。今日の出し物は、関係するコンクール入賞者に演奏するハープ、ピアノで、このチケットホテルのフロントで手に入れて、麓の寿司屋で持ち帰りの寿司を握ってもらい、時間ギリギリに会場の野外音楽堂へ向かったのである。
音楽堂に着いたのは、もうだいぶ暗くなってからであった。

芝生の広場に人がいっぱいかな、と思っていたが、なんと一人もいなく、音楽堂の中に10名程度が静かに時間が来るのを待っていた。

過去のコラム一覧

2022.09.28

院長コラム東京編

クリニックの再生医療メニュー拡大する
2022.09.28

院長コラム東京編

先端医療推進機構20周年
2022.09.27

院長コラム東京編

ドローンの威力
2022.09.26

院長コラム東京編

金融ガラパゴス
2022.09.07

院長コラム東京編

レントゲン装置
2022.09.06

院長コラム東京編

こころの再生
2022.09.05

院長コラム東京編

心の呪縛

さらに過去のコラムを見る >