コラム

COLUMN

山の寿司屋

2022.08.16

院長コラム東京編

蓼科の別荘へ行くと、決まって行きつけの寿司屋へ顔を出す。

蓼科の別荘は、原則ケータリンで、選択肢が少なく、飽きがくるのである。

ホテルが暇な時は、ホテルのレストランの利用が可能になる。

ホテルのレストランは、なかなか美味しいので、できればホテル内で食事をしたいが、オンシーズンなどは、そう言うわけにもいかない。女神湖周辺には、蕎麦屋程度しかなく、結局麓まで下りることになる。

私どもの使う寿司屋は、蓼科から原村へ抜ける間にある。小さな一軒家であるが小川が流れ、雰囲気は良い。

この寿司屋は、築地から直送で毎日仕入れており、美味しいいろんな種類の魚が食べられるのである。

カウンターに座ると、見かけないご老人が寿司をにぎっている。なんでも大将のお父さんで、東京で寿司職人であったそうである。

道理で、二人の息もぴったりで、見ていて微笑ましい。あのように親子が隣り合って寿司をにぎることができるのは、どう言う気持ちか、大将に尋ねたかった。

大将のにぎりは、普通のスピードで丁寧、オヤジさんは、スピード感がありリズミカル。親子で全く違うのである。にぎりのDNAは、客の目ではわからないところにあるのであろう。

奥さんが、「すし飯は、オヤジさんが少しちっちゃい感じがする」と言った時、オヤジさんの目が光った。

この時の目は職人そのものの目であった。

過去のコラム一覧

2022.09.28

院長コラム東京編

クリニックの再生医療メニュー拡大する
2022.09.28

院長コラム東京編

先端医療推進機構20周年
2022.09.27

院長コラム東京編

ドローンの威力
2022.09.26

院長コラム東京編

金融ガラパゴス
2022.09.07

院長コラム東京編

レントゲン装置
2022.09.06

院長コラム東京編

こころの再生
2022.09.05

院長コラム東京編

心の呪縛

さらに過去のコラムを見る >