コラム

COLUMN

ポルシェ

2022.08.20

院長コラム東京編

私は、中古のポルシェを購入した。

ポルシェは、昨年EVであるタイカンを発売した。私は、これに将来乗りたいのであるが、初めて発売されたモデルで、故障が心配なので、しばらく待とうと思っていた。

ポルシェといえば、やはり911カレラである。従って、まずはカレラを体験してみようと考えたのである。

そういえば、お亡くなりになった、熊澤先生は、ずっとワーゲンのビートルに乗っていた。黄色である。

ポルシェとワーゲンは、兄弟のようなもので、ビートルは大衆車、ポルシェはスポーツカーである。
私は、数年前よりカレラカブリオレというオープンタイプを探していた。

たまたま今回横浜ポルシェセンターで出物があったのである。

購入したのは、カレラSカブリオレ、幌が黒である。8月初めに、横浜センターの担当者が、西尾の家に車を運んできた。そして、西尾の家に滞在中は、ポルシェに乗っているのである。

ベンツと比べると、ハンドルは重いし、足回りも硬い。加速は圧倒的であるが、そんなに速いという感じでもない。

屋根を開けて、走る時は、圧倒的に気持ち良いが、真夏はなかなか開けるチャンスがない。クラシックホテル蒲郡に、夕食に行くときに、使う程度である。

ということで、カブリオレの威力は、ちょっと涼しくなってから、という感じである。

過去のコラム一覧

2022.09.28

院長コラム東京編

クリニックの再生医療メニュー拡大する
2022.09.28

院長コラム東京編

先端医療推進機構20周年
2022.09.27

院長コラム東京編

ドローンの威力
2022.09.26

院長コラム東京編

金融ガラパゴス
2022.09.07

院長コラム東京編

レントゲン装置
2022.09.06

院長コラム東京編

こころの再生
2022.09.05

院長コラム東京編

心の呪縛

さらに過去のコラムを見る >