コラム

COLUMN

コロナ病床

2021.06.28

院長コラム東京編

コロナ患者が増えて、重症者が出てきた。重傷者は、重度の呼吸障害を合併する危険性が高く、基本的には入院である。普通病床とICU病床があるが、どちらにしても医療機関は、結構大変である。ECMOを回す患者が出てくると、一人の患者あたり、多数の医療スタッフが必要である、それでなくても、医療従事者は、感染リスクという危険を念頭に、治療にあたる必要がある。

今、コロナ病床を強制的に各医療機関に割り振るという議論がされているが、同じ病院でも、医療の質は全くことなっており、一概に割り振れば良い、というものではない。病院のグレードに応じて、役割を決定するのが望ましいと考える。そもそも日本は、医師の数に反して、病院の数が多すぎる。

裏を返せば、まともな医療リソースを有する病院が、少なすぎるのである。本来、病院の数を限り、医療の質を守るのが順当であるのに、できていないのである。

過去のコラム一覧

2022.11.28

院長コラム東京編

人工生命体
2022.11.28

院長コラム東京編

肩の再生医療患者
2022.11.28

院長コラム東京編

医療英語
2022.11.09

院長コラム東京編

新幹線から皆既月食
2022.11.07

院長コラム東京編

テニス界の世代交代
2022.11.07

院長コラム東京編

アーサーの誕生日
2022.11.07

院長コラム東京編

地産地消
2022.11.07

院長コラム東京編

金融資産

さらに過去のコラムを見る >