コラム

COLUMN

コロナと発酵技術

2021.10.18

院長コラム東京編

コロナウイルス感染症で最も大きな話題を提供しているのが、ワクチンであろう。このワクチンは、RNAワクチンと言って、おそらくはスパイクタンパクのRNAの断片をリポソームか何かで包埋したもので、新型ワクチンである。RNAの細胞内安定性を高めるために、修飾塩基を利用しているところがミソである。

修飾塩基とは、通常のATGC(AUGC)という塩基のどこかの配列を異なったものと入れ替えた人工塩基であり、この操作で、RNAの安定性が飛躍的に高まることが明らかとなったのである。

ところが、さらに面白いことに、この修飾塩基は、日本のヤマサ醤油が開発しパテントを持っているところにある。

過去のコラム一覧

2022.11.28

院長コラム東京編

人工生命体
2022.11.28

院長コラム東京編

肩の再生医療患者
2022.11.28

院長コラム東京編

医療英語
2022.11.09

院長コラム東京編

新幹線から皆既月食
2022.11.07

院長コラム東京編

テニス界の世代交代
2022.11.07

院長コラム東京編

アーサーの誕生日
2022.11.07

院長コラム東京編

地産地消
2022.11.07

院長コラム東京編

金融資産

さらに過去のコラムを見る >