コラム

COLUMN

布団

2022.03.23

院長コラム東京編

西尾のゲストハウスは、一階は別荘風に一続きとなっていて、その端に和室がある。リビングとは、20cm程度の段差があり、舞台のような感じである。この和室の端に座ると、リビングの大空間を通して、オープンキッチンや玄関、ダイニングまで見通せるために、アーサーの定位置となっている。

奥さんは、2階のベッドルームでツインベッドを占領して寝るので、私はアーサーと和室で寝ることになる。すると、当然布団を敷くことになる。マットレス二枚、マットレスカバー、シーツを敷いて、羽布団をかけると出来上がりである。

アーサーは、定位置に敷物を敷いてもらい、ご機嫌におやすみとなる。

眠る時には、フルオープンにしてあった障子をきちんと閉め、下界から遮断すると、睡眠体制が整うのである。

過去のコラム一覧

2022.11.28

院長コラム東京編

人工生命体
2022.11.28

院長コラム東京編

肩の再生医療患者
2022.11.28

院長コラム東京編

医療英語
2022.11.09

院長コラム東京編

新幹線から皆既月食
2022.11.07

院長コラム東京編

テニス界の世代交代
2022.11.07

院長コラム東京編

アーサーの誕生日
2022.11.07

院長コラム東京編

地産地消
2022.11.07

院長コラム東京編

金融資産

さらに過去のコラムを見る >