コラム

COLUMN

テニス界の世代交代

2022.11.07

院長コラム東京編

私は、中学校時代から硬式テニスである。今でも週末、休日は出来るだけ大学のコートでテニスをするようにしている。WOWOWでは、ATPfinalに向けて、最後の公式戦パリオープンが行われている。ATPfinalは、最終戦で上位8人しか出場できない。日東電工がスポンサーをやっている。この最終戦への出場をかけて、選手たちは真剣にプレーするので、パリオープンは結構緊迫した試合が多いのである。現在のナンバーワンは、19歳のスペイン人 アルカラスである。そして、今回、あらたに、デンマークのルーネという19歳が出てきたのである。決勝では、四大大会20タイトルのジョコビッチとルーネという組み合わせで、ルーネがファイナルセットを制して、優勝。ATPfinalにもリザーブとして出場となったのである。一時期、ティーム、ズべレフ、チチバス、メドベージェフなどがフェデラー、ナダル、ジョコビッチにかわる新世代としてもてはやされたが、すでに19歳のアルカラスがナンバーワン、同様に19歳のルーネイがトップ10、という時代に入っているのである。歴史が動くのはあっという間であり、新世代は、知らぬ間に忘れ去られることになるのである。

過去のコラム一覧

2022.11.28

院長コラム東京編

人工生命体
2022.11.28

院長コラム東京編

肩の再生医療患者
2022.11.28

院長コラム東京編

医療英語
2022.11.09

院長コラム東京編

新幹線から皆既月食
2022.11.07

院長コラム東京編

テニス界の世代交代
2022.11.07

院長コラム東京編

アーサーの誕生日
2022.11.07

院長コラム東京編

地産地消
2022.11.07

院長コラム東京編

金融資産

さらに過去のコラムを見る >